1. HOME
  2. ブログ
  3. インタビュー
  4. 自分と向き合った結果、行動ががらっと変わった

心理的安全性BLOG

ブログ

インタビュー

自分と向き合った結果、行動ががらっと変わった

最近誕生日でした

北海道出身で最近誕生日だったSさんです。メーカー勤務を経て、今は人材育成の会社で「働き方改革の次」を考えるのが仕事、楽しく働いてます。東京は満員電車に揺られるのがストレスです。北海道出身だからかな・・
誕生日は卒業生同士のメッセンジャーグループでおめでとうのメッセージをいっぱいもらえて嬉しかった。卒業後のフォローもあり、参加者同士の交流やちょっとした悩みを相談しあったり励ましあったりしているのもいい。
みんなあったかくてありがたいです。

心理的安全性の日本版を学びたい

心理的安全性認定ファシリテーター講座

講座を受講したきっかけは、仕事で組織開発をする中で「心理的安全性」という言葉を日常的に使っていて。
心理的安全性というワードはGoogleが打ち出して広めたようなイメージですけど、同じような概念や言葉はもっと前からある。
で、もっとGoogleでない、日本的なものを学びたい、仕事に活かしたいと思って受講しました。

自分の行動ががらっと変わった

講座の中のワークなどで、自分の行動分析が出来たのが良かったです。
自分は心理的“柔軟性”が低い、という結果がでて、なぜだろう?自分はフラットじゃないのかなと、自分で向き合えたのが大きかったです。
考えた結果ラクになれたというか、ものの味方が変わって自分の行動ががらっと変わりました。人の感情や理解しがたい行動が背景がなんとなく想像できるようになったことで、柔軟に考え生きるしなやかさと、メタ認知、全体を俯瞰する力が身につきました。
あとは行動分析×禅という切り口、ワークがとにかく面白いなと。

講座の改善点について

自分の行動と意識は変わったけれど、具体的に職場でどう使うか?
会議の回しかたやクローズの仕方など、ファシリテーターとしての細かい技をもっと教えてくれるとありがたいですね。
これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事